なかきれい酵素 麹菌

なぜ麹菌の酵素なのか

 

なぜ麹菌の酵素なのか

 

酵素は、発酵食品やなまものからとります。

 

熱に弱いため、加熱された料理からはとれません。

 

現代の日本の食習慣は確実に酵素をとらない方向に向かっています。

 

年々、体内での生産量が減っていく酵素です。

 

食事で摂る量がどんどん減っていっている酵素です。

 

からだになまごみがたまるばかりです。

 

その中で、日本発、世界に誇る酵素サプリメント「なかきれい酵素」は、からだすっきり大掃除を謳っています。

 

この「なかきれい酵素」は世界で一番、酵素サプリメントが普及しているアメリカで、ドクターが推奨している麹菌の酵素サプリメントなのです。

 

 

麹菌とは

 

そもそも麹菌とは、味噌やチーズ、ヨーグルト、漬け物、甘酒、酒、ワイン。

 

発酵食品は特有の風味がありおいしいだけでなく、保存が効き、また微生物の働きで腸内環境を整えるなど健康に役立つ食品として人気があります。

 

その食品を発酵させるためには、コウジカビや青カビなどの「カビ」や、ビール酵母やパン酵母などの「酵母」、乳酸菌や納豆菌など「細菌」といった微生物が必要です。

 

麹とは、その微生物の一つ。米や、麦などの穀類や豆類を発酵させるコウジカビを繁殖させたものなのです。

 

 

麹菌には酵素がいっぱい

 

麹は、酵素の宝庫と言われます。

 

この酵素の働きは、主に穀類や豆類に含まれているデンプン、タンパク質、脂肪を分解することです。

 

食品の種類によって、異なった麹菌が使われます。

 

日本酒にはデンプンを糖に分解する酵素が強い黄麹菌を、焼酎には黒麹菌や白麹菌が使用されます。

 

醤油、みそにはタンパク質を分解して旨味成分になるアミノ酸をつくる酵素が強い麹菌が使われます。

 

他にも脂肪を分解する酵素が強く鰹節製造につかわれるコウジカビもあります。

 

 

麹の作用と魅力

 

麹は、発酵食品をつくるために利用されるもので、麹そのものを食べることはありません。

 

麹の発酵過程で、酵素の他にもビタミンB群・GABAなどの栄養成分が生まれると言われています。

 

麹には約100種類の酵素が含まれ、まだその働きなどが全て解明されたわけではないそうで、今後も明らかになってくることでしょう。

 

なかきれい酵素は味噌作りには酵素が沢山含まれているという事から、最初に味噌からの酵素を作りはじめ、よりパワーアップさせ、限界まで挑戦したものを作っております。

 

これを日々摂取する事で現代人に不足している酵素を得る事が出来、お肉や油などにある脂質、ごはんや甘いものにある糖質、肉、魚などにあるたんぱく質を一度にとれる事が出来るのです。

なかきれい酵素トップ記事


なかきれい酵素説明

なかきれい酵素トップ記事
今話題のなかきれい酵素の成分や効果、口コミなど徹底検証。
市販されていないなかきれい酵素の最安値を調査、楽天?Amazon?ドラッグストア?また飲み方から解約方法、ダイエットに有効?素朴な疑問を解剖。