なかきれい酵素 特徴

なかきれい酵素の特徴

 

なかきれい酵素の特徴

 

酵素がないと食べた物が消化されず、腸の中がスッキリとしません。

 

腸に物が詰まるとせっかく摂取した食事やサプリメントの栄養吸収が妨げられてしまいます。

 

酵素にはでんぷん質を糖に分解するアミラーゼ、タンパク質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼなどの消化酵素があり、栄養素を分解し運搬を行い、体で働く形に合成したり、不要な物質を排除したりとても重要な働きがあります。

 

また、酵素は熱に弱く、成分が分解されてしまうので加熱された料理からは摂れないので摂取するためには、なまものや発酵食品から摂取しないといけません。

 

そしてこの商品はその糖質(ご飯や甘い物)、タンパク質(お肉、魚、卵、大豆)、脂質(お肉、油)を分解する消化酵素が一度にとれる酵素サプリメントです。

 

麹菌の酵素は大豆や穀物と発酵することで活性力がアップします。

 

この商品は麹菌の酵素がもっとも高まる大豆と穀物のオリジナルブレンド製法で作られています。

 

 

麹菌とは

 

味噌、醤油、酢に使用されていることで有名な麹。甘酒や塩麹などの万能調味料としても注目されています。

 

麹は米、麦、大豆などの穀物に麹菌が生育したもので、日本の発酵食品のほとんどに使用されています。

 

2006年に日本を代表する「国菌」に認定されており、食べ物以外にも医薬品や環境浄化などの分野でも安全で対応制が高く、あらゆる分野で活躍しています。

 

 

麹菌による腸の働き

 

腸は第2の脳とも言われていて、多くのお医者さんは病気の根元は腸内環境の悪さが関わっていると言われています。

 

麹菌は酵素の宝庫でもあり、酵素を大量に作ってくれます。

 

腸のフォローを行い、栄養を吸収して体に吸収させ、腸の健康に大きく力を貸してくれます。

 

また、腸内には善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌などの微生物が何千何百種類と存在しており、この微生物が私たちの腸内環境を改善し、大きな役割を果たしてくれています。

 

麹菌はその体を改善してくれるビフィズス菌を増やしてくれる役割があります。

 

 

これは麹に含まれるオリゴ糖が関係していて、オリゴ糖は有益菌のエサになります。

 

腸内のビフィズス菌は麹菌のおかげにより増えて悪玉菌を抑え、お腹の調子もよくなり便秘解消や免疫力アップに繋がります。

 

腸内改善は免疫力を高め自己治癒力をつけ、その鍵が酵素であり麹菌と密接に関係しているのです。

なかきれい酵素トップ記事


なかきれい酵素説明

なかきれい酵素トップ記事
今話題のなかきれい酵素の成分や効果、口コミなど徹底検証。
市販されていないなかきれい酵素の最安値を調査、楽天?Amazon?ドラッグストア?また飲み方から解約方法、ダイエットに有効?素朴な疑問を解剖。